頻尿の予防法 | 「最近トイレが近くなった」と感じたら

頻尿の予防法 

頻尿の予防法 「最近トイレが近くなった」と感じたら

「何だか最近トイレが近くなった気がする」なんてことありませんか? もしかすると、辛い頻尿の入り口に立っているのかもしれません。「歳だから仕方ない」と諦めてはいけません。頻尿は程度の差こそあれ、間違いなく生活の質を落としてしまうやっかいな症状です。

頻尿の予防はある程度まで可能です。症状が進行する前に、ぜひ予防に取り組んでみて下さい。今回は、頻尿の予防法についてまとめます。

頻尿の予防には、飲み物に気をつけましょう

正常な1日の尿の量は、1〜1.5リットルと言われています。そのために必要な1日の水分量は2リットルです。当然ながら、それ以上大量に水分を摂れば、尿の量も増えて、トイレの回数が増えてしまいます。ちょっと水分過剰かなと思ったら、水分摂取量を抑えてみましょう。

コーヒーやお茶など、利尿作用のあるカフェイン飲料を飲むことでトイレが近くなったりすることがありますので、トイレの回数が気になっている方はカフェインレスの飲み物に替えてみるとよいでしょう。

トイレが近くなったと感じたら頻尿予防法

また、降圧剤や強心剤には利尿を促す成分が含まれています。このような薬の影響で尿の回数が増えた場合は、医師に相談して、利尿作用の少ない薬に替えてもらいましょう。

最後に、冷えにも気をつけましょう。特に夏場は冷たい物を多くとって内臓を冷やしがちですので、頻尿になりやすいといえます。

頻尿の予防には、「膀胱訓練」が効果あり

「学校の休み時間には必ずトイレに行かないと気が済まない」、「特に尿意がなくても、トイレに行ってしまう」、「やることがないと、ちょくちょくトイレに行くクセがある」というような方は、膀胱が小さくなったり過敏になったりして、尿を充分に蓄えられなくなり、トイレの回数が増えてしまいます。

膀胱訓練とは、トイレに行くのを我慢して膀胱に尿を溜め、本来の膀胱の機能を戻す訓練です。膀胱が原因不明で収縮したり、「過活動性膀胱」による尿意切迫感や頻尿の予防に大変効果的な訓練です。

膀胱訓練の方法

1日1回、尿意を感じた時にトイレに行くのを我慢してみます。
最初は15分、15分我慢するのが楽に出来るようになったら、次は30分。さらに1時間と、我慢する時間を長くしていきます。

最終的に、1日4〜8回程度の正常な回数になるまで続けます。
「今日は昨日よりもたくさん我慢できた!」と、進歩を楽しんで気軽にできる訓練です。

トイレが近くなったら膀胱訓練で頻尿予防法

さらに、1日に排尿を何回、何ミリリットルするかを記録する「排尿日誌」がお勧めです。「排尿日誌」をつけると訓練の効果がはっきりと確認できますし、尿の状態を観察することで体調管理にも役立ちます。

膀胱訓練で予防できない頻尿とは?

膀胱訓練で予防できない頻尿もあります。膀胱が縮んだり過敏になったりする以外の原因でおきる頻尿です。

細菌感染による膀胱炎や、前立腺肥大症の場合、排尿を我慢することでかえって悪化させることもあるので、素人判断は危険です。自分の判断ではっきりしない場合、医師に相談してから訓練を始めましょう。