夜間頻尿の原因と対策 | 夜中トイレに起きるのを改善!

夜中トイレに起きる夜間頻尿の原因と対策

夜間頻尿の原因と対策 | 夜中トイレに起きるのを改善!

「トイレが近くて困る」のが頻尿です。中でも、就寝中の夜中に何度もトイレに起きる症状を「夜間頻尿」といいます。夜間頻尿は、本人の生活の質を落としてしまうのはもちろんのこと、夜中に家族を起こして迷惑をかけてしまうこともあります。

尿の悩みはなかなか相談しにくく、人知れず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな夜間頻尿の原因と対策についてまとめます。

頻尿の原因

頻尿の原因は、大きく3つに分けられます。

1.尿量が多いこと(多尿)による頻尿

多尿には、「水分の摂りすぎや、利尿剤で尿量が増える多尿」と、「腎不全、糖尿病、心不全などの疾患が原因の多尿」があります。

2.膀胱が小さくなったり、過敏になったりすることによる頻尿

さまざまな要因による萎縮膀胱、炎症などの刺激、大脳からの刺激の亢進、残尿による膀胱容量の減少などの他、近年「過活動性膀胱」といわれる突然激しい尿意がおこる症状が注目されています。

3.心因性の頻尿

尿量も膀胱容量も正常なのに、トイレが近いという場合は、心因性頻尿の可能性があります。たとえば「家のドアノブに触れる」などの特定の状況で尿意を感じることがあります。

夜間頻尿に特徴的な原因

頻尿の原因の中でも、夜間頻尿に特徴的な原因は下記のようなものです。

  • 加齢とともに進む腎臓機能の衰えや抗利尿ホルモンの減少による多尿。
  • 男性の前立腺肥大症と過活動性膀胱
  • 心不全、睡眠時無呼吸症候群による多尿
  • 夜間、熟睡できないなどの睡眠障害による頻尿


夜中トイレに起きる夜間頻尿を改善する対策

夜間頻尿の対策

1.泌尿器科の受診

まず、夜中寝ている時間に2〜3回以上トイレに通うことが続いているようでしたら、重大な疾患の可能性がありますので、泌尿器科か内科を受診しましょう。そこで何が原因かをつきとめるのが先決です。

2.夜間多尿の場合の頻尿対策

  • 尿量が多くて頻尿になる場合は、就寝1時間以上前から飲み物を多く飲まないようにすることで、多尿による頻尿を改善します。
  • 利尿効果のある薬を服用している場合は、病院に相談してみましょう。そうすれば利尿効果の少ない薬と替えて貰えることもあります。
  • 夜間頻尿特有の心不全による頻尿の場合は、下肢のむくみをとるようにします。就寝3〜4時間前からスクワットなどの軽い運動をしてむくみをとっておきましょう。

3.前立腺肥大症と過活動膀胱の合併による夜間頻尿

前立腺肥大症の初期では、α1ブロッカーという薬で症状が緩和されることが多いのですが、過活動性膀胱を合併しているとα1ブロッカーだけでは夜間頻尿が改善されません。さらに膀胱を弛緩させる薬を飲むことで改善されます。

4.心因性頻尿による夜間頻尿

この場合は、睡眠を充分にとれるように夜早く床についてみましょう。
自己分析、カウンセリング、膀胱訓練などの対策をとります。

夜にトイレに起きるのが辛い場合の対策

夜中にトイレに起きるのはとても辛いというだけではなく、暗闇の中トイレに歩いている時に転倒事故を起こすリスクがあります。また、物音で家族が起きてしまうことも問題です。

それを防ぐためには、ベッドや布団の近くにポータブルトイレを設置するのが良いでしょう。
また、男性は尿瓶を使えば、簡単に用を足すことができます。

早めの対策で、すっきり朝を迎えましょう

夜間頻尿で寝不足の状態が続くと、体の免疫力が低下して他の病気を招く原因にもなります。ぜひ早めに受診をして原因と対策方法をはっきりさせ、適切に治療しましょう。