心因性頻尿(神経性頻尿) | トイレが近いのはストレスが原因?

心因性頻尿(神経性頻尿)の原因 夜中トイレが近いのはストレスのせい

心因性頻尿(神経性頻尿) | トイレが近いのはストレスが原因?

「緊張でトイレが近い」というのは、ほとんどの人が多かれ少なかれ身に覚えのあることではないでしょうか? 人によっては緊張が緊張を呼んで、30分おきにトイレに行きたくなるようなケースもあります。

この様な、緊張や精神的ストレスによる頻尿は、心因性頻尿(神経性頻尿)といいます。心因性頻尿の場合は、膀胱や尿道、糖尿病、前立腺肥大症、括約筋などの機能的な原因がみられません。

今回は、ストレス等の原因による心因性頻尿(神経性頻尿)についてまとめます。

心因性頻尿(神経性頻尿)が起こる原因

重要な試験の前やプレゼンの前など、緊張する場面では強い尿意を感じることがあります。こうした例も心因性の尿意ですが、一過性であり、特に問題視されるものではありません。

しかし、日常生活や仕事などにおける継続的なストレスによって、交感神経と副交感神経のバランスが乱れる自律神経失調症が、頻尿の原因となる場合があります。

自律神経失調症と頻尿の症状 | トイレが近い原因と改善方法
自律神経失調症と頻尿の症状 | トイレが近い原因と改善方法
自律神経失調症と頻尿の症状 | トイレが近い原因と改善方法 自律神経とは、体温を一定に保ったり、ホルモンの分泌をしたり、心臓を動かしたりと、意識と関係...


また、過去に膀胱炎過活動膀胱などによる頻尿を経験していると、その時の辛い経験から、こまめにトイレに通うことが習慣になってしまっている場合があります。そうなると、頻繁にトイレに行かないと不安になってしまい、常に尿意を意識してしまうとともに、緊張から膀胱が委縮して頻尿の症状が現れます。

このように不安によって強い尿意切迫感を感じている場合には、実際には膀胱に尿が溜まっていないため、トイレに行っても少量しかおしっこが出ないことが多くあります。「病は気から」といいますが、心因性頻尿によってトイレが近い状態が続いて膀胱に尿が溜まる機会が減ると、膀胱の容量自体が少なくなってしまい、余計に尿意を感じやすくなってしまいます。

このようなケースでは、トイレに行く間隔を延ばす膀胱訓練が効果的です。

膀胱訓練でトイレの回数を減らす方法
膀胱訓練でトイレの回数を減らす方法
膀胱訓練でトイレの回数を減らす方法 今の日本は公衆トイレが充実しているため、頻尿の症状がない人は、普通は外出してもトイレに困ることは少ないでしょう。 ...

ストレスの自覚のないケース

神経性頻尿の多くは、強く緊張するイベントのときに起こる一過性のものですが、中にはそれほど強い緊張を伴わない神経性頻尿もあります。

仕事のストレスが原因の心因性頻尿(神経性頻尿)
職場で仕事をこなすことがストレスになって頻尿となり、職場の人達から「また、トイレ?」という目で見られ、そのことがさらにストレスとなって悪化していくような頻尿です。

このような場合、本人にストレスの自覚がないことも多く、男性ですと前立腺肥大症を疑って受診したところ心因性頻尿と診断されてびっくりした、ということも少なくありません。

夜中の心因性頻尿(神経性頻尿)

夜中にトイレが近い原因といえば、睡眠障害によるものがほとんどのようです。人間の体は良く出来ていて、睡眠中は水分補給ができないため脳が腎臓に尿を濃くするように指令を出します。それで脱水状態になるのを防ぐと共に尿意の間隔が長くなるようになっています。

しかし、ストレスなどが原因でなかなか夜間に熟睡できないと脳の指令が弱くなり、昼間と同じくらいの尿が作られてしまうため、目が醒める度に尿意が気になって夜間頻尿になってしまうというものです。

多くの場合心身の疲労が重なっていることが多いので、ゆったり過ごす時間を設けるのが効果的です。また、運動や趣味などでストレス発散をすることも心掛けましょう。