寒い冬の頻尿 | 寒いとトイレが近くなる原因と対策

寒い冬の頻尿 | 寒いとトイレが近くなる原因と対策

寒い冬の頻尿 | 寒いとトイレが近くなる原因と対策

木枯らしが吹き、外出にコートを着て出かけるようになるくらい気温が下がると、トイレが近くなりがちです。寒い時に、トイレに行くたびに暖かい居間から出なくてはいけないのは、なかなか辛いものです。

今回は、寒いとトイレが近くなる原因と対策についてまとめます。

寒い冬に頻尿になりやすい原因

寒い冬に頻尿になりやすい原因

1.尿の量が増える

私たちの体は3分の1が水分で出来ていて、毎日水分を補給し、排泄しながら生きています。水分の補給は口から飲むことで行いますが、排泄の方法には2通りあります。1つは泌尿器からの排尿、もう1つは皮膚からの排泄です。

皮膚からの排泄は、体温調節のための発汗、呼吸による水分蒸散、意識にのぼらない皮膚からの水分蒸散の3種類ですが、気温が低いといずれも量が少なくなります。

そのため、皮膚から出る水分が少なくなる分、尿によって排出する水分が増えることが、寒いとトイレが近くなる原因の一つです。

2.末端の血管が縮む

寒い冬にトイレが近くなるもう一つの原因は、冷えによって手足など末端の血管が収縮することです。末端の血管が縮むと体幹の血液量が増えるため、排出する尿量も増えることになります。

3.膀胱の筋肉が縮む

寒さが刺激となり、膀胱の筋肉の収縮することも、トイレが近くなる原因となります。

寒さによる「身震い」も尿意を催すきっかけです。寒いと、ブルッと体をこわばらせて震えることがありますよね。これは、筋肉に収縮を起こさせることで酸素を燃やし、体に熱を発生させる生理作用です。この身震いの時に膀胱も一緒に収縮するために、尿意を感じやすくなります。

寒い時の頻尿対策

寒い冬にトイレが近い時の頻尿対策

このように、寒いとトイレが近くなるのはある程度やむをえません。けれども、ただでさえ頻尿になりやすい年配の方々にとっては辛い症状ですね。

そこで、寒い時の頻尿を予防し、症状を軽減するための対策として、以下のことに気をつけて生活しましょう。

1.防寒対策をきちんとする

外出する時は、重ね着や使い捨てカイロなどで防寒対策をきちんとしましょう。夜寝る時は、靴下をはいたり腹巻きをしたり湯たんぽを使うなどして、寝冷えをしないようにしましょう。

2.水分を摂りすぎない

必要以上に水分を摂れば、当然尿が増えて頻尿の原因になります。もちろん、水分を制限しすぎてもいけません。1日1500〜2000ml程度が成人に必要な水分量の目安です。正常な範囲で水分を摂るよう心がけましょう。

3.規則正しい生活をする

栄養価の偏った食事、睡眠不足、運動不足といった生活習慣の乱れは、自律神経のバランスを崩す原因となります。自律神経が乱れると、身体の冷えや膀胱の過剰な収縮によって、頻尿の症状があらわれることがあります。

自律神経失調症と頻尿の症状 | トイレが近い原因と改善方法
自律神経失調症と頻尿の症状 | トイレが近い原因と改善方法
自律神経失調症と頻尿の症状 | トイレが近い原因と改善方法 自律神経とは、体温を一定に保ったり、ホルモンの分泌をしたり、心臓を動かしたりと、意識と関係...

3.利尿作用のある飲み物を控える

コーヒーやお茶など利尿作用のあるカフェイン入りの飲み物は、特に寝る前には摂らないようにしましょう。また、ビールなどのアルコール飲料も利尿作用があるので、控えめにしましょう。

寒い季節の夜間頻尿

寒い冬は、トイレが近くなりやすく、頻尿持ちの人にとっては辛い季節です。特に、夜間頻尿の方にとっては、夜中のトイレ通いで寒い廊下を歩いたり、暖房のないトイレで用を足したりして身体を冷やしてしまいがちです。また、寒さで体がこわばっているため、冬は転倒事故も多くなります。

毎日のように夜中にトイレに起きる場合は、できればポータブルトイレを寝室においたり尿瓶を使うなどして、寒いトイレに行かなくて済むような工夫をしてみましょう。