尿路感染症による頻尿 | 女性に多い膀胱炎の症状と原因

尿路感染症による頻尿 | 女性に多い膀胱炎の症状と原因

尿路感染症による頻尿 | 女性に多い膀胱炎の症状と原因

「最近急にトイレが近くなった」

「少し前にトイレに行ったばかりなのに、すぐにまた行きたくなる」

「おしっこをすると、何となく痛みがある」


そんな症状があるようでしたら、尿路感染症かもしれません。今回は、女性に多い尿路感染症による頻尿ついてまとめます。

尿路感染症とは

尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道、尿道口という尿の経路のことです。その尿路のどこかに、ウィルスや大腸菌などの細菌が感染することを尿路感染症といいます。

膀胱よりも上の腎臓や尿管での感染症を上部尿路感染症といい、発熱を伴う急性腎盂腎炎(じんうじんえん)や急性巣状細菌性腎炎(そうじょうさいきんせいじんえん)などがあてはまります。

膀胱から下の、ほとんど発熱を伴わない感染症を下部尿路感染症といい、膀胱炎や尿道炎、急性前立腺炎があてはまります。一般的に尿路感染症というと、患者数の多い下部尿路感染症のことを指します。

女性に多い膀胱炎

尿路感染症の中でも最も多いのが膀胱炎です。特に、女性は尿道口と肛門が近接しているため、尿道口から細菌(大腸菌が80%以上)が入りやすくなっています。また、尿道が短いので入った細菌が膀胱に達しやすく、男性に較べて圧倒的に罹りやすいのが特徴です。

女性に多い尿路感染症の膀胱炎の症状

膀胱炎になると膀胱が過敏になり、尿が少ししか溜まっていなくても尿意を感じるため、急にトイレが近くなる頻尿の症状が出ます。また、膀胱の炎症が原因で、排尿が終わった時にジーンという痛みを感じます。これは、膀胱から尿が排出されると膀胱がしぼんで、炎症のある粘膜炎が触れあうためです。

さらに炎症が進行すると、残尿感や強い尿意切迫感を感じる、尿が白く濁るといった症状がでます。さらに悪化すると、血尿が出ることもあります。

膀胱炎は比較的治りやすい病気で、大腸菌などの細菌に効果のある抗生剤を一週間ほど服用することで治ります。軽度のうちは、膀胱内の細菌を洗い流すために、水分を大量に摂取してどんどん尿を出すことでも治ることがあります。

膀胱炎に効く市販薬・漢方薬

膀胱炎の原因

膀胱炎は、性行為が原因となることも多く、10代後半~20代の若い女性に多くみられます。また、疲れやストレスで免疫力が弱くなっていると、通常なら繁殖しない程度のわずかな細菌でも繁殖してしまうため、膀胱炎にかかりやすくなります。

女性に多い膀胱炎による頻尿の症状と原因


高齢になると、全身の免疫力が低下しているため、ちょっとした体の不調で膀胱炎になることがあります。失禁などにより、普段からオムツなどを使用している場合には、細菌が繁殖しやすい環境となるため注意が必要です。

膀胱炎を治療せずにいると、膀胱で繁殖した細菌が尿管を上って腎臓に達し、腎盂腎炎に罹る危険もあります。症状を自覚した場合には、早めに対策をとるようにしましょう。

過活動膀胱に注意

頻尿の原因は、男性は前立腺肥大症、女性は膀胱炎が多かったものですが、近年「過活動膀胱」による頻尿が増加しています。

過活動膀胱とは、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱に尿が十分溜まっていなくても強い尿意切迫感を感じるために頻尿になる病気です。過活動膀胱の原因はさまざまですが、膀胱炎などの尿路感染症で頻尿になった時に、トイレにすぐ通う習慣がついてしまって、心因性の過活動膀胱になることもあります。

尿路感染症の治療が終わったとしても、尿意がないのに過度にトイレに通うなど、頻尿の原因をつくらないよう注意することも大切です。