尿が出にくい・勢いがない人は要注意 | 前立腺肥大症と頻尿

尿が出にくい・勢いがない人は要注意 | 前立腺肥大症と頻尿

尿が出にくい・勢いがない人は要注意 | 前立腺肥大症と頻尿

子どもの頃や若い頃は、我慢してからトイレに行くと勢いよくおしっこが出て爽快感を感じ、出し終わるとスッキリしたものです。あなたは、そんな気持ちの良いおしっこから遠ざかってどのくらい経っていますか?50代以降なら、もう覚えていないという方も多いのではないでしょうか。

尿意を感じてトイレに行くものの、「尿が出にくいために出始めるまで時間がかかる」、「出始めてもチョロチョロと尿の勢いがない」という方は、まず前立腺肥大症を疑ってみましょう。

前立腺肥大症とは?

男性は女性に比べて尿道が長く、そもそも尿が出にくい体のつくりになっています。そして、歳をとってくると膀胱から尿道の根本を囲んでいる前立腺という器官が膨らんで尿道を圧迫します。それが、前立腺肥大症です。

前立腺肥大の症状がある男性は、40代で40%、50代で50%、60代で60%、70代で70%と、年齢が上がるにつれて増えていきます。その中で治療を必要とするほど悪化している人の割合は1/4ほどになるといわれています。

前立腺は、前立腺液という精液の一部を分泌する器官です。前立腺の主な疾患としては前立腺肥大症や前立腺がんがあります。両方とも原因ははっきりと分かっていませんが、中高年になってからの男性ホルモンの分泌量の変化やメタボリックシンドロームが関わっているといわれています。

前立腺肥大症の症状

前述のように、前立腺は尿道をとり囲んでいますので、それが肥大することで尿道を圧迫し、尿道を狭くしてしまいます。そのため、おしっこがスムーズに出なくなることから、様々な症状が出てきます。

前立腺肥大による尿が出にくい症状

初期の症状は、前立腺が肥大して膀胱や尿道を刺激することで起こります。特に多いのは、トイレが近くなる頻尿です。頻繁に尿意があるために作業に集中できなかったり、夜中に何度もトイレに起きて疲れがとれないなど、生活への悪影響が出てきます。

尿の勢いがないため、おしっこに時間がかかることが気になるようになります。また、膀胱に尿が十分溜まっていないのに強い尿意切迫感を感じる過活動膀胱という症状も前立腺肥大による膀胱への刺激で起こることがあります。

さらに尿道が狭くなると、お腹に力を入れないと尿が出なくなり、最後まで尿が排出しきれないために残尿も起こります。そのため、徐々におしっこをすることに困難さを感じるようになり、ほとんどの人がこの段階で病院を受診し何らかの治療を受けるようになります。さらに悪化すると、尿が排出できない「尿閉」となり、膀胱に溜まった尿が常に少しずつ漏れ出す「溢流性失禁」という状態になってしまいます。

前立腺肥大による頻尿と対策サプリメント

初期のうちに対策を

前立腺肥大症は、悪化するにつれて尿を出せなくなっていきます。膀胱や尿道に尿が残る「残尿」が続くと、細菌の繁殖による膀胱炎や尿路感染を引き起こし、さらに腎臓にも細菌が入って腎不全の原因になることもあります。
前立腺肥大症と頻尿の初期対策
初期症状の夜間頻尿や過活動膀胱が気になった段階で適切な対応が出来れば、改善することは比較的容易です。少なくとも、それ以上悪化することを食い止めることができます。

頻尿が悪化して1時間に1回以上トイレに通うようになったり、強い尿意切迫感でおしっこを我慢できずに漏らしてしまったりするようになると、外出や交際に消極的になってしまいがちです。生活の質が下がるだけでなく、うつの症状などの原因になることもありますので、そうなる前に悪化を食い止めたいものです。

泌尿器科を受診して治療が必要ないと言われるようでしたら、メタボリックシンドロームを防ぐ食事や運動で生活を改善したり、サプリメントを摂ったりすることで悪化しないように努めましょう。

歳だからといって、尿が出にくい、尿の勢いがないことは仕方がないと放置せず、早め早めに対策をとることが大切です。