妊娠初期の女性の頻尿 | 妊娠中にトイレが近い原因と対策

妊娠初期の女性の頻尿|妊娠中にトイレが近い原因と対策

妊娠初期の女性の頻尿 | 妊娠中にトイレが近い原因と対策

「なんだかトイレが近いと思っていたら、生理も始まらなくて、調べたら妊娠していたわ。」

こんな体験をする妊婦さんは多いようです。頻繁にトイレに行きたくなる症状を「頻尿」といいますが、どうして妊娠初期に頻尿になるのでしょうか?今回は、その原因と対策について考えてみましょう。

生理と妊娠の違い

女性の生理とは、月に一度妊娠の準備をした子宮内膜が、受精がなかったために剥がれて卵子と一緒に排出される生理現象です。妊娠の準備をするので、少し子宮が膨らみます。すると子宮の裏側にある膀胱が圧迫されるため、生理の2〜3日前から頻尿になる女性が多くいます。

生理が始まると子宮は収縮して元の大きさに戻るため、頻尿も治ります。けれども、妊娠すると子宮は徐々に大きくなっていき、トイレに行く回数も多くなっていくことがあります。

生理中と妊娠初期の女性の頻尿

また、妊娠すると血流量が一気に増えて腎機能が活発化します。そのため尿量が増え、さらに頻尿になりやすくなります。いつも2〜3日で収まる頻尿の症状がいつまでも続き、生理がなかなか始まらないという場合には、妊娠を疑ってみましょう。

妊娠初期の頻尿は、妊娠4ヶ月頃まで続きます。妊娠4ヶ月以降になると、大きくなった子宮がせり上がって膀胱が圧迫されなくなるため、症状は収まります。

膀胱炎にも要注意

妊娠初期にトイレが近いのは、妊娠による子宮の膨張が主な原因ですが、膀胱炎の場合もあるので注意が必要です。

特に、妊娠するとオリモノが多くなるため、陰部に細菌が繁殖しやすくなります。清潔に保つことができないと、膀胱炎にかかりやすくなってしまいます。

妊娠初期の膀胱炎が原因の頻尿

膀胱炎の主な症状は、排尿痛というおしっこをする時のジーンとする痛みや、残尿感頻尿です。悪化すると腎臓の病気につながることもあるため、妊娠の継続や出産に悪影響が出ないよう、早めに治療するようにしましょう。

膀胱炎の治療には薬を使うのが一般的ですが、妊娠中に服薬には抵抗があるかもしれません。軽度の膀胱炎の場合、薬の服用をしなくても休憩と栄養で免疫力を高め、水分を多く摂って細菌を流すことでも治ります。けれども、妊娠中の女性には、医師が胎児に影響のない抗生剤を処方してくれますので、必要な場合は服薬で確実に治療を行いましょう。

妊娠初期の頻尿対策

通常の妊娠初期の頻尿は病気ではないので、治療するものではありません。それでも、あまりに頻繁にトイレに通って生活に支障がでるようでは大変ですので、以下のような対策を取って凌ぎましょう。

水分量をコントロール

水分摂取量が多いようでしたら、無理のない程度に摂取量を減らすことでトイレに通う回数を少なくしましょう。特に、夜寝る前の水分摂取には気をつけましょう。

カフェイン飲料の多飲を避ける

お茶やコーヒーなど、利尿作用のあるカフェイン飲料などの多飲は避けましょう。

体を温める

体の冷えも尿の回数が増える原因です。夏はクーラーの効かせすぎに注意し、冬は暖房や重ね着をしっかりして、体を冷やさないようにしましょう。ゆっくりと入浴し、体を芯から温めることも効果的です。


以上のような対策で頻尿の症状を和らげながら、妊娠によるさまざまな体の変化を受け入れて、明るいマタニティライフを過ごしましょう。