血尿と頻尿の症状がある場合の原因 | 膀胱炎・尿路結石

血尿と頻尿の症状がある場合の原因 | 膀胱炎・尿路結石

血尿と頻尿の症状がある場合の原因 | 膀胱炎・尿路結石

いつものようにトイレで用を済ませると、おしっこの色が赤くてびっくりしたことはありませんか? それは「血尿」といって、主に尿路感染症などが原因で尿に血が混じる症状です。

血尿には、目で見て気がつく肉眼的血尿と、目で見て気がつかないけれども尿検査で赤血球が陽性となる尿潜血(にょうせんけつ)とがあります。尿潜血の場合は自覚症状がないため、健康診断などで指摘されることがほとんどです。

膀胱炎による血尿

トイレが近い「頻尿」の症状が出ている時に、血尿が出ることがあります。頻尿の時の血尿。その場合は、膀胱炎が原因かもしれません。

膀胱炎は女性に多い病気です。普段から体表にいる細菌が尿道または膀胱に入って繁殖し、炎症を起こします。女性の場合は尿道口と肛門が近く、尿道が短いために、尿道口から入った細菌が膀胱まで進入しやすく、膀胱炎が多くなります。

尿道口から細菌が入るのは、生理の時に生理用品をこまめに交換しなかったり、セックスが原因となることもあります。また、疲労やストレスの蓄積によって免疫力が低下すると、細菌が増殖しやすくなり炎症を起こすこともあります。

膀胱炎による血尿と頻尿

炎症があると膀胱が過敏になり、尿が少ししか溜まっていなくても尿意を感じるため、頻尿の症状が現れます。また、尿が出終わった時に、ジーンとする痛みを感じたり、排尿後もすっきりしない残尿感を感じたりします。

さらに炎症が悪化すると、炎症を治そうと白血球が細菌と闘うため、尿に白血球が交じって白っぽく濁ったり(膿尿:のうにょう)、炎症で膀胱がただれて血尿が出たりします。膀胱炎では、排尿の終わり頃に血が混じったり、トイレットペーパーに血が付く程度の少量の血尿がほとんどです。

また、出血性膀胱炎といって、細菌感染ではなくウィルス感染の膀胱炎もあります。この場合は真っ赤な血尿と頻尿、排尿痛があり、微熱を伴うことがあります。子どもに多く、アデノウィルスの感染で起こることが最も多いといわれています。

尿路結石による血尿

稀ですが、尿路結石でも頻尿と血尿の症状が出ることがあります。尿路結石は、腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石ができる症状です。特に多いのは尿管に結石が詰まる尿管結石です。

尿管結石では、背中や脇腹にするどい痛みを伴うことが多いのですが、痛みをそれほど感じずに頻尿や血尿の症状だけの場合もあります。発見のための検査には、レントゲン写真や超音波検査などが用いられます。

膀胱炎の治療

急な頻尿や排尿痛、血尿などの症状で「膀胱炎かな」と思ったら、早期に対策をとることが大切です。軽い膀胱炎の場合、水分をたくさんとって尿を薄め、どんどんおしっこを出して膀胱の中にいる細菌を洗い流すことで改善するケースも多くあります。

病院では、大腸菌などの細菌に効果的な抗生剤で治療します。1週間ほどの服用でほとんどの膀胱炎は治ります。抗生剤を服用しながらできるだけ休養をとって免疫力を高め、再発を防止することが大切です。