過活動膀胱と頻尿の症状 | 尿意切迫感の原因と治療方法

過活動膀胱と頻尿の症状 | 尿意切迫感の原因・治療方法

過活動膀胱と頻尿の症状 | 尿意切迫感の原因と治療方法

トイレが近い、おしっこの回数が多い症状を頻尿といいます。個人差はありますが、日中に8回以上、夜間に1回以上トイレに行くことが頻尿の目安とされています。

今、前立腺肥大症や尿路感染などのはっきりとした原因がなくても頻尿で悩む人が増えており、過活動膀胱という症状に注目が集まっています。過活動膀胱は、若い方から年配まで広い年齢層にみられますが、年齢が高いほど多くなっていきます。

「ついさっきトイレに行ったばかりなのに、強い尿意を感じてトイレに行きたくなってしまう。」

「トイレではおしっこが少ししか出ないけれど、頻繁にトイレに行きたくなってしまうので、外出していても落ち着かない。」

「トイレに駆け込んでから下着をおろすのが間に合わなくて漏らしてしまった。」

こんな症状に思い当たることがあれば、過活動膀胱を疑ってみましょう。

過活動膀胱とは?

過活動膀胱というのは、膀胱が勝手に収縮してしまうという膀胱機能の障害です。おしっこが溜まっていなくてもちょっとしたきっかけで膀胱が過剰に反応してしまい、我慢できないような強い尿意(尿意切迫感)を感じてトイレに通うようになります。そのため、おしっこを我慢して溜めておくことが難しくなります。

すると、おしっこが十分溜まっている状態がなくなるために、膀胱の容量自体も縮小していってしまい、悪循環となって症状が進行していきます。


尿意切迫感や頻尿の原因となる過活動膀胱とは


過活動膀胱の症状は、突然感じる強い尿意切迫感です。トイレに行ってからあまり時間が経っていなくても、急に我慢できないくらいの強い尿意を感じます。人によっては水が流れる音を聴くだけでトイレを連想し、尿意を感じることもあります。

我慢できないのでそのたびにトイレに駆け込むことになり、トイレの回数が増えて頻尿になります。膀胱に尿が溜まっているわけではないので、おしっこの量は少なめです。夜寝ている時にも尿意切迫感におそわれてトイレに通うため、夜間頻尿になり睡眠が十分にとれなくなってしまいます。

場合によっては、トイレが間に合わずに尿漏れをしてしまうこともあります。外出したり人と会ったりするのが億劫になり、家に閉じこもってしまうなど、生活全体の質が下がってしまう辛い症状です。

過活動膀胱の原因

過活動膀胱には様々な原因がありますが、代表的なものとして下記の例があげられます。

1)前立腺肥大症

前立腺肥大症になるとおしっこが出にくくなるために、無理に排尿をすることで膀胱に強い圧力がかかります。このような無理な力をかけられることで膀胱が異常に収縮するようになり、過活動膀胱になることがあります。

2)加齢によるもの

歳をとると、排尿をコントロールする脳からの指令を受け取る機能が弱くなったり、手足が冷えやすくなることが原因で過活動膀胱になることがあります。

3)脳の障害による神経系の異常

脳梗塞、脳腫瘍、脊髄損傷、パーキンソン病などにより、排尿のコントロールをする神経がうまく働かなくなるために過活動膀胱になることがあります。

治療方法

原因や症状の重さによって治療方法は変わります。
それほど症状が重くない段階では、少しずつおしっこを我慢して膀胱の機能を回復させる膀胱訓練で改善が見込めます。心因性の場合も、少しずつ我慢することの積み重ねで克服は可能です。

薬剤を用いる治療方法としては、膀胱の収縮を抑える働きをする「抗コリン薬」がよく処方されます。抗コリン薬を服用しながら膀胱訓練をする場合もあります。

前立腺肥大症の治療方法は、α1(アルファワン)ブロッカー、抗コリン薬が処方されることが多いです。また、症状が軽ければノコギリヤシのサプリメントを試してみるのもよいでしょう。

いずれにしても、あまり症状が悪化しないうちに泌尿器科を受診して治療を進めることが大切です。