女性の頻尿治療 | トイレが近い時に効く市販薬

女性の頻尿治療とトイレが近い時に効く市販薬

女性の頻尿治療 | トイレが近い時に効く市販薬

トイレが我慢できない

50代女性、Nさんの事例です。

数年前から何となくおしっこが近くなり、昨年辺りからトイレに間に合わなくなって、買い物先で慌ててトイレに駆け込むようになりました。また、家に帰って玄関のドアを閉めた時にちょっと尿が漏れてしまうことがあります。

最近は、外出するとどこでもまずトイレを捜して早めに行くようにしているのですが、お友達の家に行った時などは何度もトイレに行くわけにもいかず、尿漏れパッドをつけるようになりました。夜中に2回はトイレに起きています。

女性の頻尿

上記の女性は、過活動膀胱による頻尿です。尿意を感じるとトイレまで間に合わない、“我慢が効かない”状態です。このような症状は、中高年の女性を中心に、膀胱の収縮がコントロールできなくなって起こることがあります。

他に、女性の頻尿で多いと言われているのが、骨盤底筋のゆるみが原因の頻尿です。ちょっとジャンプした時など、お腹に力を入れた時に僅かに尿が漏れる症状が特徴です。女性の場合、妊娠や出産時に骨盤底筋に大きな負担がかかるため、それをきっかけとして頻尿になる人も多いようです。

また、女性は尿道が短いという体のつくりから、膀胱炎、尿道炎などの細菌感染に罹りやすく、それらも頻尿の原因となります。細菌感染による頻尿は、抗生剤の服用でほとんど治ります

尿漏れ対策に、骨盤底筋体操

女性の頻尿には、尿漏れを原因とした心因性頻尿のケースが大変多くあります。中高年になると、膀胱や子宮、直腸などの骨盤内の臓器を下から支えている「骨盤底」が緩んできて、ちょっとしたきっかけで尿漏れを起こすことがあるからです。骨盤底は、いくつもの筋肉や靱帯、筋膜などからできていますが、その中の「骨格筋」はトレーニングで鍛えることが出来ます。

女性の頻尿に効く市販薬と体操

骨盤底のゆるみが原因の頻尿に有効なのが、骨盤底筋体操です。骨盤底筋体操は、骨盤底の尿道や膣、肛門の辺りの筋肉の弛緩と収縮を繰り返し行う体操です。やり方を覚えれば、家の中だけでなく外出先や電車に乗っている時でも、さりげなく気軽に行うことができます。

早ければ2〜3週間で効果がでることもありますが、2〜3ヶ月かかるのが普通ですので、根気よく繰り返すことが大事です。

女性の頻尿に市販薬

頻尿・尿漏れに人知れず悩んでいる人がいかに多いことか…。薬局に行くと、数種類の排尿トラブル改善をうたった市販薬が売られています。

中でも女性用の頻尿対策には、主なものとして以下のようなものがあります。


レディガードコーワ(興和新薬):日中、夜間の頻尿や残尿感に

【指定第2類医薬品】レディガードコーワ 20錠 ×2 【指定第2類医薬品】レディガードコーワ 20錠 ×2

興和
売り上げランキング : 7710

Amazonで詳しく見る


ベルアベトン(クラシエ薬品):手足の冷え、頻尿、残尿感に

【第2類医薬品】ベルアベトン 240錠 ×2 【第2類医薬品】ベルアベトン 240錠 ×2

クラシエ薬品
売り上げランキング : 8395

Amazonで詳しく見る


ジンフリック(摩耶堂製薬):女性の頻尿や残尿感の改善に

【指定第2類医薬品】ジンフリック 20錠 【指定第2類医薬品】ジンフリック 20錠

摩耶堂製薬
売り上げランキング : 6085

Amazonで詳しく見る


ちょっと敷居の高い泌尿器科を受診する前に、市販薬で効果を試してみるのも良いかもしれません。

体操と薬をあわせて

女性の頻尿は適切な治療を実行すれば改善するものがほとんどです。必要に応じて骨盤底筋体操なども取り入れながら、スッキリとしたおしっこを目指しましょう。