腎臓の機能低下と頻尿の症状 | 排尿トラブルの原因と対策

腎臓の機能低下と頻尿の症状 | 排尿トラブルの原因と対策

腎臓の機能低下と頻尿の症状 | 排尿トラブルの原因と対策

「肝腎要(かんじんかなめ)」という言葉があるように、腎臓は体にとってなくてはならない大事な臓器です。

腎臓は、血液を濾過し、余分な水分や老廃物を尿として体外に出すための臓器です。体の水分や塩分の調節、血液のpHの調節、さまざまなホルモンの分泌によって、体を一定の環境に維持しています。もし腎臓に異常が起こると、全身にさまざまな障害が出てきます。

慢性腎不全

腎臓の病気というと、腎臓がんや腎盂腎炎など原発性の病気もありますが、最も患者数が多く気をつけたいのが、他の病気が元でじわじわと腎臓の機能低下が進んでいく慢性腎不全です。

腎臓には常に大量の血液が流れ込んでいるので、血液や血管の状態に大きく影響を受けます。その代表的なものが「糖尿病」と「高血圧」です。糖尿病では尿中の糖分が、高血圧では動脈硬化が腎不全の原因になります。

「糖尿病」も「高血圧」も生活習慣病の一つです。生活習慣病が増えるに従って慢性腎不全も増えており、現代病の一つともいわれています。

排尿トラブル

腎臓病はかなり悪化しないと自覚症状が現れないため、気がついた時には人工透析が必要になっていたりする場合が少なくありません。

一旦機能低下をした腎臓は、現代の医療技術でも元に戻すことはできません。ですから、出来る限り症状が軽いうちにチェックして、それ以上悪化させないようにしっかりと対策を施すことが大切です。腎臓の機能低下によって起きる小さなサインを見逃さないようにしましょう。

機能低下のサインは、排尿トラブルとして現れます。

260492

排尿トラブルで最もわかりやすいのが、尿の色の変化です。腎臓の濾過機能が低下すると、濾過するはずのタンパク質が尿に出てきます。すると、尿の色が濁ったり泡がたったりします。また、赤血球も濾過されずにでてくることがあり、尿の色がうっすらと赤くなります。

次にサインとして気をつけたいのが、むくみです。腎機能低下が進むと尿を作る量が少なくなるため、本来尿として膀胱に行くはずの水分が血液中にとどまり、むくみ(浮腫)になります。

腎機能低下による頻尿

中高年になると頻尿で1日に何回もトイレに通う人が増えます。頻尿の原因は、前立腺肥大症膀胱炎過活動膀胱などが多いのですが、まれに心不全や慢性腎不全や腎盂腎炎などの重い病気が隠れていることがあります。

腎臓は、機能低下が始まると、毒素が溜まるのを防ごうとして尿を大量に作る時期があります。そこで、何度もトイレに通う頻尿の症状が出ます。この頻尿は、さらに腎機能低下が進んで尿を作れなくなってしまうまでの一時期です。この時点で腎不全と特定できて対策を施すことが出来れば、生活の質への影響は最小限度で済みますので、見逃さないよう注意しましょう。
22

前立腺肥大や過活動膀胱が原因の頻尿の場合は、1回に出る尿の量は少なめです。けれども、腎臓の機能低下初期の頻尿では毎回多量の尿が出るのが特徴です。

また、心不全が原因での頻尿は夜間多尿が特徴ですが、腎臓の機能低下初期の頻尿では昼と夜間のどちらでも多尿です。

尿量が多くて頻尿ですと、どうしても水分摂取を減らしたくなりますが、このタイプの頻尿では、通常よりも多くの水分を摂取して排出する水分を補わないと、脱水や尿毒症になる危険があります。

やたらと尿量の多い頻尿になったら、すぐに泌尿器科を受診しましょう。

生活の質を下げないために

最近トイレが近くなったけれど歳をとったから仕方ない、と諦めていませんか?
排尿トラブル、中でも頻尿は腎臓病や慢性腎不全などの初期症状かもしれません。

頻尿が気になったらなるべく早めに病院を受診し、治療の必要があるかどうかをチェックし、原因に応じた対策を講じましょう。