【会議での緊張感が原因に?】不安症からくる頻尿に内服薬で対処

【会議での緊張感が原因に?】不安症からくる頻尿に内服薬で対処

【会議での緊張感が原因に?】不安症からくる頻尿に内服薬で対処

 M.Mさん(女性)、40代、会社員 

仕事中だけ頻繁にトイレに行きたくなる

私が悩んでいるのは、急にトイレに行きたくなることです。残尿感などとは違って、「膀胱が緊張をしている」という感じになっています。

そのような症状を感じるのは仕事をしている時だけです。自宅でくつろいている時には感じることはありません。そのことから、特別な病気などとは考えていませんが、頻尿であることはとても辛いと感じています。

会議での緊張がきっかけに

頻尿は仕事をしている時にいつも感じるのではなく、会議で何かを発表をしたり、司会進行を任されている時などに起きてしまいます。私は元々とても緊張をするタイプで、会議をすると思っただけで緊張をしてドキドキするのです。

そのため、その緊張に体が反応して頻尿となってしまいます。頻尿になるのは、会議が始まる2時間ぐらい前から始まります。ドキドキして、その後にトイレに行きたい気持ちでいっぱいになるのです。そのため、デスクワークをしていても手につかず困っています。度々、トイレに行くことになり、他の人の視線が気になります。

病院で内服薬を処方されました

最近は会議の度にそのようになっているので、「なんとかしたい」と思うようになりました。

病院を受診をした結果、不安症のような状態となっていて、それが原因で頻尿になっていると言われました。医師からは内服薬を処方され、その薬を会議の1時間ぐらい前から飲むことになりました。

会議前のトイレの回数が激減

その薬は神経の状態を沈めてくれる効果があるものです。他の人に気づかれないように会議の1時間前に飲んでいます。その薬を飲んで30分ぐらいすると、なんだか気持ちが楽になってくるのです。少し眠たいという感じもします。体がだるい、眠たいという感じと共に、緊張をすることがなくなりました。

その薬を服用し始める前は、会議前に数回トイレに行っていたのですが、今では直前の一回だけです。私の頻尿は緊張と不安からくるものです。そういった場合には、緊張を落ち着けせることができる薬が効果があると感じています。